TextDocument object‎ > ‎Attributes‎ > ‎

fontLocation

CC2014.1(13.1)
記述

textDocument.fontLocation


概要

インストールされているフォントファイルのパスを文字列で返します(すべてのフォントのタイプを返すことを保証しません。いくつかの種類のフォントでは空の文字列が返される可能性があります)。

TextDocumentが複数のフォントで構成されている場合、返される値は、現在の時間におけるテキストレイヤーの最初の文字です。



タイプ

String (文字列) - Read Only



ノート

var myTextLayer = app.project.item(1).layer(1).sourceText;
var myTextObj =  app.project.item(1).layer(1).sourceText.value;

alert(myTextObj.fontLocation);

ここで返されるのは、フォントファイルのFile Objectではなく、単にファイルへのパスの文字列だということに注意してください。ファイルを取得したい場合は以下のようにします。

var myTextLayer = app.project.item(1).layer(1).sourceText;
var myTextObj =  app.project.item(1).layer(1).sourceText.value;

alert(myTextObj.fontLocation);

myFontFile = new File(myTextObj.fontLocation);

alert(myFontFile.fsName);




Comments