FootageItem object

記述
app.project.item(index)
app.project.items[index]


概要

FootageItem objectは、プロジェクトにインポートされ、プロジェクトパネル内に表示されているフッテージアイテムを表します。これらアイテムにアクセスするには、プロジェクトのアイテムコレクション内での位置に応じたインデックスナンバーを用います。

app.project.item(7)の場合、インデックスで7番目のアイテムにアクセスしています。このインデックス番号はプロジェクトパネル内での並び順ではなく内部で管理されいる番号であり、アイテムを削除したり追加したりしているとアイテムによっては番号が変わってしまうことに注意してください。

FootageItemはAVItemのサブクラスで、さらにAVItemItemのサブクラスす。AVItemおよびItemのすべてのアトリビュートとメソッド、それに加えてこのページにリストされているものが使用できます。



 file フッテージのソースファイル。
 mainSource フッテージアイテムに関するすべての設定。



 replace() フッテージファイルを他のフッテージファイルで置き換える。
 replaceWithSequence() フッテージファイルを連番ファイルで置き換える。
 replaceWithPlaceholder() フッテージファイルをプレースホルダーで置き換える。
 replaceWithSolid() フッテージを平面で置き換える。
 openInViewer() フッテージをフッテージパネルで開く。




サブページ (2): Attributes Methods
Comments