LayerCollection object‎ > ‎Methods‎ > ‎

addSolid()


記述

app.project.item(index).layers.addSolid(color, name, width, height, pixelAspect, duration


概要

引数で指定された値を用いて新しい平面レイヤーを作成します。

新しいSolidSourceを新しいFootageItem objectmainSourceの値に設定しそのFootageItemをプロジェクトに追加、新しいAVLayer objectを作成し新しいFootageItemをそのソースとして設定、そのレイヤー(AVLayer object)をこのコレクションに追加し、追加されたレイヤーのAVLayer objectが返されます。


引数

 color平面の色。3つの浮動小数点数値の配列。[0.0〜1.0]のレンジの[R, G, B]。
 name平面の名称の文字列。
 width平面の横幅のピクセル数。[4〜30000]の整数値。
 height平面の高さのピクセル数。[4〜30000]の整数値。
 pixelAspect平面の横幅のピクセルアスペクト比。[0.01〜100]の浮動小数点数値。
 durationオプション。静止画レイヤーの長さ(秒数)の浮動小数点数値。
この引数が適用されると、新しいレイヤーのdurationの値が設定されます。その他の場合、durationはユーザーの環境設定に依存します。デフォルトではこの値はこのレイヤーを含むCompItemのものと同じです。デフォルトの値を変更したい場合には、「環境設定」→「読み込み設定」→「静止画フッテージ」の項目で設定します。add()のページのノートの図2参照




ノート




Comments