Global functions‎ > ‎

currentFormatToTime()


記述

currentFormatToTime(formattedTime, fps, isDuration)    


概要

フレームタイムにフォーマットされた文字列の値をフレームレートによって算出される秒数の数値に変換します。

例えばフォーマットされた文字列によるフレームタイムが0:00:12(正確にはユーザーがプロジェクト設定で定義したフォーマットです)で、フレームレートが24fpsだった場合、timeは0.5秒になります(12/24)。もしこれが30fpsならtimeは0.4秒となります(12/30)。

もしtimeがデュレーションであった場合には、フレームは「0」からカウントされます。他の場合は、フレームはプロジェクトの開始フレーム
(
Project object - displayStartFrame)からカウントされます。


引数


formattedTime   現在のプロジェクトで設定されている表記によるフレームタイムの値(文字列)。
fps fpsの値(float)。
isDurationオプション。trueの場合、timeは0フレームからカウントされたディレーションになります。false(デフォルト)の場合、timeはプロジェクトの開始フレームとなります。


戻り値

Floating-point (浮動小数点数値)


ノート

alert(currentFormatToTime("0:00:00:06", 24, false));

Comments