Application object‎ > ‎Attributes‎ > ‎

onError


記述

app.onError


概要

エラーが発生時にコールされた関数のコールバック名。関数の作成しそれをこのアトリビュートにアサインすることで、ユーザーはエラーに対して系統立てて対応することができます。
例えばアプリケーションを閉じて再起動し、レンダリング中に発生したエラーをlogファイルに記録することできます。RenderQueue render() method参照。

コールバック関数にはエラーの文字列と重要度の文字列が渡されます。それはいかなる値も返すべきではありません。


タイプ

関数名(文字列)またはnull(関数がアサインされていない場合) - 読み込み/書き込み


サンプル

エラー発生時に「err」という関数を呼び出す。
function err(errString) {
  alert(errString);
}
app.onError = err;


Comments