LayerCollection object

記述
app.project.item(index).layers


概要

LayerCollection objectはレイヤーのセットを表します。 LayerCollection objectは、このアイテム(必然的にコンポジション)のCompItem objectに所属しています。コレクションオブジェクトのメソッドはユーザーがレイヤーリストを扱うことを許可しています。

 LayerCollection objectはコンポジションに含まれるすべてのLayer objectの配列となっています。ですので、以下の例はどちらも同じレイヤーオブジェクトです。
app.project.item(1).layer(1)
app.project.item(1).layers[1]


指定したアイテムがコンポジションである必要があるために、事前に
app.project.item(1) instanceof CompItem
などを判定して、指定したアイテムがコンポジションした方が良いでしょう。コンポジションでないアイテムでLayerCollectionにアクセスしようとするとundefinedが返されますので、それで判定することもできます。

LayerCollectionCollectionのサブクラスです。Collectionのすべてのメソッドとアトリビュートと下に挙げた追加メソッドがLayerCollectionで使用可能です。


サンプル

var firstComp = app.project.item(1);
var layerCollection = firstComp.layers;

alert("number of layers before is " + layerCollection.length); 

var anAVItem = app.project.item(2); 
layerCollection.add(anAVItem);

alert("number of layers after is " + layerCollection.length);



 add() 新規にAVLayerを作成し、それをこのコレクションに加えます。
 addNull() 新規にヌルレイヤーを作成し、それをこのコレクションに加えます。
 addSolid() 新規に平面レイヤーを作成し、それをこのコレクションに加えます。
 addText() 新規にポイントテキストレイヤーを作成し、それをこのコレクションに加えます。
 addBoxText() 新規にパラグラフ(ボックス)テキストレイヤーを作成し、それをこのコレクションに加えます。
 addCamera() 新規にカメラレイヤーを作成し、それをこのコレクションに加えます。
 addLight() 新規にライトレイヤーを作成し、それをこのコレクションに加えます。
 addShape() 新規にシェイプレイヤーを作成し、それをこのコレクションに加えます。
 byName() 指定された名称のレイヤーを取得します。
 precompose() 指定されたレイヤーを新しいコンポジションに移動します。


サブページ (1): Methods
Comments