RenderQueue object

記述
app.project.renderQueue


概要

RenderQueue objectはAfter Effects GUIのレンダーキューパネルを通して使用できるレンダーオートメーションのプロセス、プロジェクトのデータ、機能を表します。アトリビュートはレンダーキューのアイテムやそのステータスへのアクセスを可能にします。メソッドはレンダリングプロセスの開始、一時停止、停止が可能です。

レンダリングされるアイテムの特定の設定にアクセスするにはRenderQueueItem objectを使用します。


Attributes
 rendering trueの場合、レンダリングが実行中。
 numItems レンダーキューに入っているアイテム数の合計。
 items レンダーキューに入ってるアイテムのコレクション。
 canQueueInAME After Effectsのレンダーキューアイテムの中にキューされたレンダーアイテムが存在しているか。



 showWindow() レンダーキューパネルの表示/非表示。
 render() レンダリングを実行。戻り値はレンダリング終了まで返されません。
 pauseRendering() レンダリングを一時停止。
 stopRendering() レンダリングを中止。
 item() レンダーキューに入っているアイテムを取得。
 queueInAME() AMEのキューのコマンドを呼び出します。



サブページ (2): Attributes Methods
Comments