Attributes

 project 現在のプロジェクト。
 isoLanguage 実行されているアプリケーションのロケール情報(言語と地域)。
 version After Effectsのアプリケーションバージョン。
 buildName アプリケーションのビルド名。
 buildNumber アプリケーションのビルド番号。
 isWatchFolder trueの場合、アプリケーションはフォルダ監視モードで実行されている場合はtrueを返す。
 isRenderEngine アプリケーションがrender engineモードで実行している場合はtrueを返す。
 settings アプリケーションの設定をスクリプティングが設定可能。
 onError アプリケーションがエラーを発生した場合のコールバック関数。
 exitCode 外部でスクリプトが実行されている場合のステイタス数字コード(コマンドラインやApple Scriptなど)。もしエラーが発生していなければ0。正の数字であればスクリプト実行中のエラーを示す。
 exitAfterLaunchAndEval (Windowsでコマンドラインからスクリプトを実行した場合)tureの場合はスクリプト実行後にAfterEffectsが開かれたままの状態にする。
 saveProjectOnCrash trueの場合、アプリケーションが予期せず終了した時にプロジェクトを保存する。
 memoryInUse アプリケーションによってメモリが使用中。
 effects アプリケーションでエフェクトが使用可能。
 activeViewer 現在フォーカスされているあるいは最後にフォーカスされていたビューワパネル。