onStatusChanged


記述

app.project.renderQueue.item(index).onStatusChanged


概要

RenderQueueItem.statusアトリビュートの値が変更される度に呼び出されるコールバック関数の名称。
レンダーキューのアイテムやAfter Effectsのアプリケーション自体は、レンダリング実行中あるいは一時停止中に変更を加えることは出来ませんが、このアトリビュートを用いることでレンダリングプロセスを一時停止(pauseRendering())あるい停止(stopRendering())させることが可能です。


タイプ

関数名(文字列)またはnull(関数がアサインされていない場合) - 読み込み/書き込み


サンプル

function myStatusChanged() { 
    alert(app.project.renderQueue.item(1).status)
}
app.project.renderQueue.item(1).onStatusChanged = myStatusChanged(); 
app.project.renderQueue.item(1).render = false; //changes status and shows dialog


ノート

Application objectonErrorも同様にレンダリングを一時停止、停止させるのに使用できます。



Comments