FootageSource object‎ > ‎Attributes‎ > ‎

conformFrameRate


記述

app.project.item(index).mainSource.conformFrameRate
app.project.item(index).proxySource.conformFrameRate


概要

nativeFrameRateの値の代わりに使用するフレームレートです。0が設定されると、nativeFrameRateの値が代わりに使用されます。ムービーファイルの元のフレームレートを変更して使用したい場合に設定します。これには3:2プルダウンの除去なども含まれます。

FootageSource.isStillがtrueの場合、この値を設定しようとするとエラーになります。
removePulldownがPulldownPhase.OFFに設定されていない場合、この値を0にするとエラーになります。
これらエラーが生じた場合、nativeFrameRateの値が自動的に設定されます。


タイプ

Floating-point(浮動小数点数値) [0.0〜99.0] - 読み込み/書き込み


ノート




Comments