Application object‎ > ‎Methods‎ > ‎

scheduleTask()


記述

app.scheduleTask(stringToExecute, delay, repeat)


概要

指定されたJavaScriptを遅延実行します。


引数

stringToExecute実行するJavaScriptを記した文字列。
delayJavaScriptを実行する前の待機時間(ミリセカンド)を表す数値。float値。
repeattrueの場合はスクリプトを繰り返し実行します。繰り返しの間隔はdelayで指定した時間です。falseの場合は繰り返さず一度だけ実行されます。


戻り値

Integer(整数値)
ユニークな番号がタスクに割当てられています。この番号は「app.cancelTask()」で指定することでキャンセルすることができます。


ノート






Comments