Settings object‎ > ‎Methods‎ > ‎

haveSetting()


記述

app.settings.haveSetting(sectionName, keyName)


概要

指定されたスクリプトの環境設定アイテムが存在し、値を格納している場合にはtrueを返します。ユーザーがスクリプトによって保存した設定セクションのみにアクセスが可能です。


引数

 sectionName 設定セクションの名称。
 keyName 設定アイテムのキーの名称。
 PREFType (CC)環境設定ファイルを指定するための列挙型の値。

 PREF_Type_MACHINE_SPECIFIC Adobe After Effects 12.x Prefs.txt
 PREF_Type_MACHINE_INDEPENDENT Adobe After Effects 12.x Prefs-indep-general.txt
 PREF_Type_MACHINE_INDEPENDENT_RENDER Adobe After Effects 12.x Prefs-indep-render.txt
 PREF_Type_MACHINE_INDEPENDENT_OUTPUT Adobe After Effects 12.x Prefs-indep-output.txt
 PREF_Type_MACHINE_INDEPENDENT_COMPOSITION Adobe After Effects 12.x Prefs-indep-composition.txt
 PREF_Type_MACHINE_SPECIFIC_TEXT Adobe After Effects 12.x Prefs-text.txt
 PREF_Type_MACHINE_SPECIFIC_PAINT Adobe After Effects 12.x Prefs-paint.txt


戻り値

Boolean(論理値)


ノート

ユーザーが設定した設定セクションは、環境設定ファイル上では指定したセクション名に関わらず冒頭に「Setting_」と追加されています。この設定セクションの値のみがスクリプトからアクセス可能です。「Setting_」はメソッドの引数などで指定するセクション名には含みません。環境設定ファイル上での書式例はsaveSettingのノート欄を参照してください。

ダウンロードしたスクリプトなどを使用していると、意図せず環境設定ファイルの設定セクションが増えることがあります。


Comments