RenderQueueItem object‎ > ‎Methods‎ > ‎

getSetting()

CC2014(13.0)
記述

app.project.renderQueue.item(index).getSetting(setting)


概要

レンダーキューのアイテムから指定したレンダリング設定を取得します。
設定の指定には、表示されているメニューの名称を文字列で指定するか、定められたID番号で指定します。

戻り値は指定しない場合は、設定値のIDを示す整数で返されます。文字列で戻り値を取得したい場合には、引数の最後に-strを追加します。


現在のレンダー設定「プロキシを使用」を取得。戻り値は整数
var rqSetting = app.project.renderQueue.item(1).getSetting("Proxy Use");


同じ設定で、キーの最後に-strを付加することで、文字列として値を取得
var rqSetting = app.project.renderQueue.item(1).getSetting("Proxy Use-str");



引数

 setting レンダーキューのアイテムのレンダリング設定項目の名称(文字列)。



戻り値

設定名称の文字列または整数


ノート

引数で使用するsettingの文字列は、After Effectsでの使用言語に関係なく、英語版での表記となります。




Comments