Shape object‎ > ‎Attributes‎ > ‎

featherRelCornerAngles

CS6
記述

shapeObject.value.featherRelCornerAngles 


概要

マスクのパス上のコーナーでカーブした外側のフェザー境界の両側の2つの法線と、各フェザーポイントの間の相対的な角度のパーセンテージを含む配列。After EffectsのGUIで、フェザーポイントのコンテキストメニュー「コーナーの角度を編集」に相当します。フェザーポイントの場所がコーナーにないときは、値は0になります。

シェイプの内側にフェザーポイントがある場合は理論上コーナーに存在できないので、値は常に0になります。

配列内の値は、フェザーポイントが作成された順番で格納されています。


タイプ

Array (パーセンテージを表す[0〜1]の浮動小数点数値) - 読み込み/書き込み


ノート

After Effects CS6 Scripting Guideでは[0〜100]となっていますが、実際には[-1〜1]の範囲が有効です。0〜100%の範囲は[0〜1]に該当します。

var myMask = app.project.item(1).layer(1).mask(1) .property("maskShape");
var myShape = myMask.value;

myShape.featherRelCornerAngles   = [0.5];

myMask.setValue(myShape);


Comments