FileSource object‎ > ‎Attributes‎ > ‎

missingFootagePath


記述

app.project.item(index).mainSource.file.missingFootagePath
app.project.item(index).proxySource.file.missingFootagePath


概要

このアセットで行方不明になっているフッテージのパスおよびファイル名。AVItem footage Missing attribute参照。


タイプ

String (文字列) - 読み込み専用


ノート

行方不明になっていないフッテージや、ファイルソースのないフッテージに使用すると空白を返します。
この空白はちょっとくせ者で、

alert(app.project.item(1).mainSource.missingFootagePath == false);

とすると「true」を返しますが...

alert(app.project.item(1).mainSource.missingFootagePath === false);

上の例では「false」を返します。これはJavaScripの仕様によるものです。
一般にJavaScriptでは二重等号での判定は推奨されないので、ファイルが行方不明かどうかを判定する場合は

app.project.item(1).mainSource.missingFootagePath === "";

とするのが安全です。

ちなみに記述欄にある「file」は不要。

Comments