Application object‎ > ‎Attributes‎ > ‎

exitAfterLaunchAndEval


記述

app.exitAfterLaunchAndEval


概要

このアトリビュートはWindowsのコマンドラインからスクリプトを実行した場合にのみ使用されます。アプリケーションがコマンドラインから起動された時、-r または -s フラグでアプリケーションはスクリプトを実行します(各オプションはファイルから実行または指定文字列からの実行を意味します)。

もしこのアトリビュートがtrueに設定されている場合は、After Effectsはスクリプト実行後に終了し、もしfalseが設定されている場合アプリケーションが開いたままの状態になります。このアトリビュートはWindowsコマンドラインでのみ有効でMacOSでは機能しません。


タイプ

Boolean (論理値) - 読み込み/書き込み


ノート




Comments