Settings object‎ > ‎Methods‎ > ‎

saveSetting()


記述

app.settings.saveSetting(sectionName, keyName, value)


概要

スクリプトの環境設定アイテムのデフォルト値を保存。設定値はユーザーのAfter Effects環境設定ファイルの中に書き込まれます。

例として、Mac OSX 10.7の場合は以下のファイルになります。
/Users/user/Library/Preferences/Adobe/After Effects/10.5/Adobe After Effects 10.5-x64 環境設定


引数

 sectionName 設定セクションの名称。
 keyName 設定アイテムのキーの名称。
 value 値の文字列。
 PREFType (CC)環境設定ファイルを指定するための列挙型の値。

 PREF_Type_MACHINE_SPECIFIC Adobe After Effects 12.x Prefs.txt
 PREF_Type_MACHINE_INDEPENDENT Adobe After Effects 12.x Prefs-indep-general.txt
 PREF_Type_MACHINE_INDEPENDENT_RENDER Adobe After Effects 12.x Prefs-indep-render.txt
 PREF_Type_MACHINE_INDEPENDENT_OUTPUT Adobe After Effects 12.x Prefs-indep-output.txt
 PREF_Type_MACHINE_INDEPENDENT_COMPOSITION Adobe After Effects 12.x Prefs-indep-composition.txt
 PREF_Type_MACHINE_SPECIFIC_TEXT Adobe After Effects 12.x Prefs-text.txt
 PREF_Type_MACHINE_SPECIFIC_PAINT Adobe After Effects 12.x Prefs-paint.txt


戻り値

なし


ノート

ユーザーが設定した設定セクションは、環境設定ファイル上では指定したセクション名に関わらず冒頭に「Setting_」と追加されています。この設定セクションの値のみがスクリプトからアクセス可能です。「Setting_」はメソッドの引数などで指定するセクション名には含みません。

以下のように環境設定を保存した場合
app.settings.saveSetting("Zoo", "Lion", 100);
環境設定ファイル内の記述は下のようになります。
["Settings_Zoo"]
"Lion" = "100"

このメソッドを実行しても、すぐに環境設定ファイルには書き込まれません。メモリ上に保存されAfter Effectsの終了時に環境設定ファイルに書き込まれます(これはスクリプトで作成された設定以外のAfter Effects本体の他の設定も同様です)。
After Effectsが予期せずに終了したりsetSavePreferencesOnQuit()で引数にfalseが指定されていたりすると、設定がファイルに保存されないことに注意してください。



Comments