Property object‎ > ‎Methods‎ > ‎

getSeparationFollower()

CS4
記述

app.project.item(index).layer(index).propertySpec.getSeparationFollower(dim


概要

次元に分割可能なプロパティから指定された次元のプロパティを取得。例えば「位置」などでX座標、Y座標の個別の次元にこのメソッドを用いてアクセスが可能。
注意: このアトリビュートはisSeparationLeaderがtrueの場合にのみ適用されます。


引数

 dim 次元の値。開始は0から。


戻り値

Property object または次元分割できないプロパティや存在しない次元を指定した場合はエラー。


ノート




Comments