Property object‎ > ‎Methods‎ > ‎

setTemporalEaseAtKey()


記述

app.project.item(index).layer(index).propertySpec.setTemporalEaseAtKey(keyIndex, inTemporalEase, outTemporalEase)


概要

指定したキーフレームのインおよびアウト側の時間補間法のイージーイーズを設定します。KeyframeEase object参照。


引数

 keyIndexキーフレームのインデックス。addKey()またはnearestKeyIndex()の戻り値に該当する[1〜numKeys]の整数値。
 inTemporalEase
イン側のイージーイーズ。1,2または3項のKeyframeEase objectの配列。
• propertyValueTypePropertyValueType.TwoDの場合、配列は2つのオブジェクトになります。
• propertyValueTypePropertyValueType.ThreeDの場合、配列は3つのオブジェクトになります。
• その他のタイプのプロパティでは、配列は1つのオブジェクトになります。
 outTemporalEase
(オプション)アウト側のイージーイーズ。この引数が与えられない場合は、inTemporalEaseと同じ設定になります。1,2または3項のKeyframeEase objectの配列。
• propertyValueTypePropertyValueType.TwoDの場合、配列は2つのオブジェクトになります。
• propertyValueTypePropertyValueType.ThreeDの場合、配列は3つのオブジェクトになります。
• その他のタイプのプロパティでは、配列は1つのオブジェクトになります。


戻り値

なし


ノート

After Effects ヘルプ / キーフレーム補間法
http://helpx.adobe.com/jp/after-effects/using/keyframe-interpolation.html



Comments