Global functions‎ > ‎

timeToCurrentFormat()


記述

timeToCurrentFormat(time, fps, isDuration)    


概要

数値のtime値(秒数)をフレームタイムの値に変換します。変換された値はフォーマットされた文字列で、これはtimeの値と指定されたfpsにおいてどのフレームに相当するかを表示します。

例えば、もしtimeが0.5でフレームレートが24fpsであれば、フレームは0:00:12となります(プロジェクト設定でタイムコード表示になっている場合)。もし同じ条件でフレームレートが30fpsの場合は0:00:15となります。タイムコードの文字列の書式はプロジェクト設定に準じます。

もしtimeがデュレーションであった場合には、フレームは「0」からカウントされます。他の場合は、フレームはプロジェクトの開始フレーム(Project object - displayStartFrame)からカウントされます。


引数

time  秒数の値(float)。
fps fpsの値(float)。
isDurationオプション。trueの場合、timeは0フレームからカウントされたディレーションになります。false(デフォルト)の場合、timeはプロジェクトの開始フレームとなります。

   
戻り値

String(文字列)


ノート





Comments