TextDocument object

記述
new TextDocument(docText
app.project.item(index).layer(index).property("Source Text").value


概要

TextDocument objectはテキストレイヤーの"Source Text"(日本語版では"ソーステキスト")の値を格納します。カプセル化する文字列を渡して、コンストラクタを使用して作成します。


サンプル

ソーステキストの値を設定し、その値をアラート表示する。
var myTextDocument = new TextDocument("Happy Cake"); 
myTextLayer.property("Source Text").setValue(myTextDocument); 
alert(myTextLayer.property("Source Text").value);

時間経過に応じてテキスト表示を変更するためのキーフレーム設定の例
var textProp = myTextLayer.property("Source Text"); 
textProp.setValueAtTime(0, new TextDocument("Happy")); 
textProp.setValueAtTime(.33, new TextDocument("cake")); 
textProp.setValueAtTime(.66, new TextDocument("is")); 
textProp.setValueAtTime(1, new TextDocument("yummy!"));

フォントや段落の設定例
var textProp = myTextLayer.property("Source Text"); 
var textDocument = textProp.value;
myString = "Happy holidays!"; 

textDocument.resetCharStyle(); 

textDocument.fontSize = 60;
textDocument.fillColor = [1, 0, 0];
textDocument.strokeColor = [0, 1, 0];
textDocument.strokeWidth = 2;
textDocument.font = "TimesNewRomanPSMT"; 
textDocument.strokeOverFill = true;
textDocument.applyStroke = true;
textDocument.applyFill = true;
textDocument.text = myString;
textDocument.justification = ParagraphJustification.CENTER_JUSTIFY; 
textDocument.tracking = 50;
textProp.setValue(textDocument);



 text テキストレイヤーのソーステキストの値。
 font テキストレイヤーのフォント。PostScript名で指定。
 fontFamily (CC 13.1-) フォントファミリーの名称を文字列で返します。
 fontLocation (CC 13.1-) インストールされているフォントファイルのパスを文字列で返します。
 fontStyle (CC 13.1-) フォントスタイルの情報を文字列で返します。
 fontSize テキストのフォントサイズ(pixel数)。
 applyFill trueの場合、テキストレイヤーの「塗り」が有効。
 applyStroke trueの場合、テキストレイヤーの「線」が有効。
 fillColor テキストの塗りの色。
 strokeColor テキストの線の色。
 strokeOverFill テキストレイヤーの「線と塗り」のレンダリング順。
 strokeWidth テキストレイヤーのせん幅の値。
 justification テキストレイヤーの段落の行揃え。
 tracking テキストレイヤーの文字間隔(トラッキング)。
 pointText trueの場合、テキストレイヤーはポイントテキスト。
 boxText trueの場合、テキストレイヤーはボックス(段落)テキスト。
 boxTextSize ボックステキストの領域の縦横ピクセル数。
 baselineLocs テキストのベースライン座標。
 fauxBold  (CC13.2-) テキストドキュメントの「太字オプション」
 fauxItalic (CC13.2-) テキストドキュメントの「斜体オプション」
 allCaps (CC13.2-) テキストドキュメントの「オールキャップスオプション」
 smallCaps (CC13.2-) テキストドキュメントの「スモールキャップスオプション」
 superscript (CC13.2-) テキストドキュメントの「上付き文字オプション」
 subscript (CC13.2-) テキストドキュメントの「下付き文字オプション」
 verticalScale (CC13.2-) テキストドキュメントの「垂直比率」
 horizontalScale (CC13.2-) テキストドキュメントの「水平比率」
 baselineShift (CC13.2-) テキストドキュメントの「ベースラインシフト」
 tsume (CC13.2-) テキストドキュメントの「詰め」
 boxTextPos (CC13.2-) パラグラフ(複数行)テキストレイヤーのアンカーポイントのレイヤー座標


 resetCharStyle() 文字パネルの設定を初期状態に戻す。
 resetParagraphStyle() 段落パネルの設定を初期状態に戻す。
 sourcePointToComp() (CC13.2-) boxTextPosといったレイヤー座標をコンポジションの座標に変換
 compPointToSource() (CC13.2-) sourcePointToComp()といったコンポジションの座標をレイヤーの座標に変換



サブページ (2): Attributes Methods
Comments