Global functions‎ > ‎

writeLn()


記述

writeLn(text)


概要

行末に改良コードをつけてテキストを情報パネルに出力。


引数

 text    表示する文字列。情報パネルに対して長過ぎる場合は切り捨てられます。


戻り値

なし


サンプル

writeLn("This text appears on first line"); 
writeLn("This text appears on second line"); 


ノート

Scripting Guideのサンプルでは writeln となっていますが、正しくは writeLnです。

表示中の文字列はclearOutput()を実行しない限り残り、あとから表示した文字列は以前の文字列の後に追加される形で表示されます。




Comments