Property object‎ > ‎Methods‎ > ‎

keyInTemporalEase()


記述

app.project.item(index).layer(index).propertySpec.keyInTemporalEase(keyIndex)


概要

時間キーレフームのイン側のイーズを返します。
• プロパティの値がPropertyValueType.TwoD_SPATIALの場合は、戻り値として2項のオブジェクトの配列。
• プロパティの値がPropertyValueType.ThreeD_SPATIALの場合は、戻り値として3項のオブジェクトの配列。
• プロパティの値がそのほかの場合、戻り値として1項のオブジェクトの配列。


引数

 keyIndexキーフレームのインデックス。addKey()またはnearestKeyIndex()の戻り値に該当する[1〜numKeys]の整数値。


戻り値

Array(KeyframeEase objectの配列) 


ノート

戻り値の配列の各要素はKeyframeEase objectなので、そのアトリビュートやメソッドを通してアクセス可能です。



Comments