AVLayer object‎ > ‎Attributes‎ > ‎

autoOrient


記述

app.project.item(index).layer(index).autoOrient


概要

レイヤーの「自動方向」のタイプ。


タイプ

「自動方向」を指定する列挙型の値。以下から選択します。
AutoOrientType.ALONG_PATHレイヤーはモーションパスの方向に向きます。
AutoOrientType.CAMERA_OR_POINT_OF_INTERESTレイヤーは常にアクティブカメラまたはその目標点の方向に向きます。
AutoOrientType.CHARACTERS_TOWARD_CAMERA「文字単位の3D化を使用」が適用されたそれぞれの文字が自動的にアクティブカメラの方向に向きます。CS5以降。
AutoOrientType.NO_AUTO_ORIENT「自動方向」を使用しません。レイヤーは自由に回転し、モーションパスや目標点、その他のレイヤーに制限されません。



ノート

メニューの「レイヤー」→「トランスフォーム」→「自動方向」に該当します。




Comments