CompItem object‎ > ‎Attributes‎ > ‎

dropFrame

CS5.5
記述

app.project.item(index).dropFrame


概要

trueの場合、コンポジションがドロップフレームのタイムコードを使用していることを示し、falseの場合はノンドロップフレームのタイムコードを示します。これは「コンポジション設定」ダイアログボックスの設定に相当します。


タイプ

Boolean(論理値) - 読み込み/書き込み


ノート


ドロップフレーム/ノンドロップフレームの値はAfter Effects GUIでは29.976または59.94以外は変更できなくなっていますが、スクリプトからだと変更が可能です。ただフレームレートが29.976や59.94であれば、フォーマット上はドロップフレームということになるので、ちょっと意味が不明です。またスクリプトから変更はできても、グレーアウトされた状態なので正しく機能するのかも不明です。


Comments