Layer object

記述
app.project.item(index).layer(index)


概要

Layer objectはコンポジション中の特定のレイヤーへアクセスを提供します。これはインデックス番号または名称のいずれかを文字列を用いて、アイテムのレイヤーコレクションからアクセスすることができます。

インデックス番号でアクセスした例(この例のアラートで返されるのがレイヤーの名称)
var myLayer = app.project.item(1).layer(1);
alert(myLayer.name);

レイヤー名称でアクセスした例(この例のアラートで返されるのがインデックス番号)
var myLayer = app.project.item(1).layer('MyFirstLayer');
alert(myLayer.index);


LayerはCameraLayerLightLayerAVLayerのベースオブジェクトです。Layerのアトリビュートとメソッドはこれらすべてのオブジェクトでも使用可能です。

レイヤーのプロパティにアクセスするにはPropertyBase objectを参照してください。

Layer objectは単一のレイヤーへのアクセスを行なう際に使用します。複数のレイヤーにアクセスする場合(「コンポジション内の全てのレイヤー」とか「現在選択しているレイヤー」など...)にはLayerCollection objectを参照してください。



サンプル

var firstLayer = app.project.item(1).layer(1); 
firstLayer.enabled = false;
firstLayer.name = "Disabled Layer";



Attributes

 index レイヤーのインデックスポジション
 name レイヤーの名称。
 parent このレイヤーのペアレント。
 time このレイヤーのカレントタイム。
 startTime レイヤーの「開始タイム」。
 stretch レイヤーの「伸縮」のパーセンテージ。
 inPoint レイヤーの「イン」ポイント。
 outPoint レイヤーの「アウト」ポイント。
 enabled trueの場合、レイヤーが有効になっている。
 solo trueの場合、レイヤーが「ソロ」モードが有効になっている。
 shy trueの場合、レイヤーが「シャイ」モードが有効になっている。
 locked trueの場合、レイヤーが「ロック」が有効になっている。
 hasVideo trueの場合、レイヤーがビデオコンポーネントを有している。
 active trueの場合、カレントタイムでレイヤーがアクティブである。
 nullLayer trueの場合、このレイヤーは「ヌル」レイヤー。
 selectedProperties レイヤー内で選択されているすべてのプロパティ。
 comment レイヤーのコメント。
 containingComp このレイヤーを含んでいるコンポジション。
 isNameSet trueの場合、レイヤー名が明示的に設定されている。



 remove() レイヤーをコンポジションから削除する。
 moveToBeginning() レイヤーをコンポジションの最上位に移動する(一番最初のレイヤーにする)。
 moveToEnd() レイヤーをコンポジションの最位に移動する(一番最初のレイヤーにする)。
 moveAfter() レイヤーを他のレイヤーの下に移動する。
 moveBefore() レイヤーを他のレイヤーの上に移動する。
 duplicate() レイヤーを複製する。
 copyToComp() レイヤーを他のコンポジションの最上位にコピーする。
 activeAtTime() このレイヤーが指定されたタイムでアクティブかを確認する。
 setParentWithJump() このレイヤーの新しいペアレントを設定する。
 applyPreset() レイヤーにアニメーションプリセットを適用する。




サブページ (2): Attributes Methods
Comments