AVLayer object‎ > ‎Methods‎ > ‎

sourceRectAtTime()


記述

app.project.item(index).layer(index).sourceRectAtTime(timeT, extents)


概要

指定されたタイムインデックスでのレイヤーの矩形バウンドを取得します。テキストやシェイプレイヤーのコンテンツを補正します。例えばベースラインに適切に揃えられたテキストを書き込むのに使用します。


引数

 timeTタイムインデックス。float値。
 extentstrueの場合、エクステントを含めます。エクステントは、必要に応じてシェイプレイヤーの境界のサイズを拡げるために適用されます。



戻り値

JavaScript object  
[top, left, width, height]の4つのアトリビュートがあります。


ノート




Comments