Property object‎ > ‎Attributes‎ > ‎

dimensionsSeparated

CS4
記述

app.project.item(index).layer(index).propertySpec.dimensionsSeparated


概要

trueの場合、プロパティの次元は個々のプロパティとして表現されます。例えば、レイヤーの位置がタイムラインパネル上で「X位置」と「Y位置」で表示されている場合、このアトリビュートがtrueになります。
注意: このアトリビュートはisSeparationLeader attributeがtrueの場合にのみ適用されます。


タイプ

Boolean(論理値) - 読み込み/書き込み


ノート

After EffectsのGUIで位置のプロパティに対して「次元の分割」を適用するのに相当します。
下のスクリーンショットの例では画面右がfalse、右がtrueとなります。isSeparationLeaderがtrueとならないようなプロパティ(例:スケール、回転など)では、このアトリビュートはfalseを返しますが、値の書き込みはできません。




Comments