Global functions‎ > ‎

generateRandomNumber()

CC2015.0(13.6)
記述

generateRandomNumber()


概要

0.0〜1.0の間のランダムな数値(Float)を返します。

CC 2015.0(13.6)以降のバージョンでは、プロジェクト内の値設定としてランダムな数値を生成したい場合、従来のMath.randomの代わりに、この新しい関数を使用することが推奨されます。(例: setValueなど)


引数

なし


戻り値

0.0〜1.0の間の Floating-point(浮動小数点数値)


ノート





Comments