Property object‎ > ‎Methods‎ > ‎

keyInSpatialTangent()


記述

app.project.item(index).layer(index).propertySpec.keyInSpatialTangent(keyIndex


概要

指定したキーフレームの空間補間法のイン側の接線。(値がTwoD_SPATIALまたはThreeD_SPATIALの場合)
• プロパティの値がPropertyValueType.TwoD_SPATIALの場合は、戻り値として2項の浮動小数点数値の配列。
• プロパティの値がPropertyValueType.ThreeD_SPATIALの場合は、戻り値として3項の浮動小数点数値の配列。
• プロパティの値が上記のいずれにも該当しない場合、例外を生成します。


引数

 keyIndexキーフレームのインデックス。addKey()またはnearestKeyIndex()の戻り値に該当する[1〜numKeys]の整数値。


戻り値

Array(配列) 2または3項の浮動小数点数値


ノート

戻り値は、接線ハンドルの頂点の位置をキーフレームの座標からのベクトルで表します。もし接線ハンドルの伸びていないキーフレーム(リニアや停止の状態)では、戻り値は[0,0,0](PropertyValueType.ThreeD_SPATIAL)となります。
「位置」プロパティでは、3DレイヤーになっていなくてもPropertyValueType.ThreeD_SPATIALとなります。

接線ベクトルに関してはShape objectの説明が参考になります。


Comments