Project object‎ > ‎Methods‎ > ‎

importPlaceholder()


記述

app.project.importPlaceholder(name, width, height, frameRate, duration


概要

新規にPlaceholderItem objectを作成して戻り値として返し、それをプロジェクトのアイテムの配列に加えます。After Effectsのファイルメニューから「読み込み」→「プレースホルダー」を実行するのと同じです。


引数

 name プレースホルダーの名称。
 width プレースホルダの横幅のピクセル数。[4〜30000]の整数値。
 height プレースホルダの高さのピクセル数。[4〜30000]の整数値。
 frameRate プレースホルダのフレームレート。[1.0〜99.0]の浮動小数点数値。
 duration プレースホルダのデュレーション。[0.0〜10800.0]の浮動小数点数値。




ノート




Comments