PropertyBase object‎ > ‎Attributes‎ > ‎

propertyIndex


記述

app.project.item(index).layer(index).propertySpec.propertyIndex


概要

このプロパティがインデックスグループ(propertyTypeがPropertyType.INDEXED_GROUP)の子プロパティであった場合、プロパティグループ内でのインデックス位置。インデックス番号の開始は1から。


タイプ

Integer(整数値) - 読み込み専用


ノート

トランスフォームプロパティグループの「アンカーポイント」。グループ内の最初の子プロパティなのでpropertyIndexは1になります。

var myLayer= app.project.item(1).layer(1).transform.anchorPoint
alert(myLayer.propertyIndex)

下の例では、レイヤー直下にあるインデックスとnameおよびmatchName一覧を取得しています(この例では既存の平面レイヤーを使ってます)。

var proplist = [];
var myLayer = app.project.item(1).layer(1)
for(var i=1; i<=myLayer.numProperties; i++){
    proplist[i]=(i+":"+myLayer.property(i).name+":"+myLayer.property(i).matchName+"\n") 
}
alert(proplist)

結果は以下の表の通り。After Effectsのバージョンによって平面レイヤーの直下のプロパティインデックスが異なっていること、またレイヤーの種類によって返されるインデックス番号とプロパティオブジェクトが異なるということに注意。

After Effects CS5.5
index name matchName
 1 マーカー ADBE Marker
 2 タイムリマップ ADBE Time Remapping
 3 モーショントラッカー ADBE MTrackers
 4 マスク ADBE Mask Parade
 5 エフェクト ADBE Effect Parade
 6 トランスフォーム ADBE Transform Group
 7 レイヤースタイル ADBE Layer Styles
 8 マテリアルオプション ADBE Material Options Group
 9 オーディオ ADBE Audio Group

After Effects CS6
index name matchName
 1 マーカー ADBE Marker
 2 タイムリマップ ADBE Time Remapping
 3 モーショントラッカー ADBE MTrackers
 4 マスク ADBE Mask Parade
 5 エフェクト ADBE Effect Parade
 6 トランスフォーム ADBE Transform Group
 7 レイヤースタイル ADBE Layer Styles
 8 形状オプション ADBE Plane Option Group
 9 形状オプション ADBE Extern Option Group
 10 マテリアルオプション ADBE Material Options Group
 11 オーディオ ADBE Audio Group




Comments