FootageItem object‎ > ‎Methods‎ > ‎

replace()


記述

app.project.item(index).replace(file)


概要

このFootageItemのソースを指定のファイルに置き換えます。ファイルをロードすることに加えて、このメソッドはファイルの新しいFileSource objectを作成し、そのオブジェクトのmainSourceの値に設定します。新しいソースオブジェクトでは、name, width, height, frameDuration, durationアトリビュートの設定がファイルの内容に基づいて設定されます。これらアトリビュートについてはAVItem objectを参照してください。

このメソッドは、以前のmainSource objectのinterpretationパラメータ(GUIメニューの「ファイルの変換」→「メイン」に該当)を保持します。指定されたファイルにラベルの付いていないアルファチャンネルが存在する場合、このメソッドはアルファの解釈を推測します。


引数

 file フッテージのメインソースとして使用されるExtendScript File object。



ノート





Comments