Property object‎ > ‎Attributes‎ > ‎

canVaryOverTime


記述

app.project.item(index).layer(index).propertySpec.canVaryOverTime


概要

trueの場合、プロパティは時間の推移に応じて変化することが可能です。このプロパティにはキーフレームを設定したり、あるいはエクスプレッションを書き込むことが可能です。


タイプ

Boolean(論理値) - 読み込み専用


ノート

時間に応じて変化することが可能なプロパティにはストップウォッチのアイコンが表示されています。変化できないプロパティの例としては「レベル」エフェクトの「黒入力レベル」「白入力レベル」「ガンマ」...などがあります。



Comments