RenderQueueItem object‎ > ‎Methods‎ > ‎

setSettings()

CC2014(13.0)
記述

app.project.renderQueue.item(i).setSettings(SettingObject)


概要

レンダーキューのアイテムのレンダリング設定を設定します。

設定には設定値を格納したオブジェクトを引き渡す必要があります。このメソッドで設定可能な設定項目はgetSettings()のGetSettingsFormat.STRING_SETTABLEまたはGetSettingsFormat.NUMBER_SETTABLEで取得可能なものに限ります。

//レンダーキューのitem 1で、設定可能なレンダー設定の文字列を含んでいるオブジェクトを取得。

var rqItem1_settable_str = app.project.renderQueue.item(1).getSettings( GetSettingsFormat.STRING_SETTABLE );


// レンダーキューのitem 2にレンダーキューのitem 1から取得した値を設定

app.project.renderQueue.item(2).setSettings( rqItem1_settable_str );

任意に設定したい場合は、オブジェクトを作成して、それを引数として渡す必要があります。

// レンダーキューのitem 3に自身で作成した値を設定

var my_renderSettings = {
"Color Depth":"32 bits per channel",
"Quality":"Best",
"Effects":"All On",
"Time Span Duration":"1.0",
"Time Span Start":"2.0"
};

app.project.renderQueue.item(2).setSettings( my_renderSettings );


引数

 SettingObject 設定値を格納したオブジェクト



戻り値

なし


ノート

RQItemStatus.RENDERING、RQItemStatus.USER_STOPPED、RQItemStatus.DONEの場合、このメソッドはエラーになります。


Comments