Property object‎ > ‎

Methods


 valueAtTime() 指定された時間でのプロパティの値を取得。
 setValue() プロパティの静的な値を設定。
 setValueAtTime() プロパティのキーフレームを作成。
 setValuesAtTimes() プロパティのキーフレームのセットを作成。
 setValueAtKey() キーフレームを見つけ出して、そのキーフレームのプロパティに値を設定する。
 nearestKeyIndex() 指定された時間の最寄りのキーフレームを取得。
 keyTime() 条件が発生した時間を取得します。
 keyValue() 条件が発生した時間でのキーフレームの値を取得します。
 addKey() 指定された時間にプロパティのキーフレームを追加します。
 removeKey() プロパティからキーフレームを削除。
 isInterpolationTypeValid() trueの場合、このプロパティは補間が可能。
 setInterpolationTypeAtKey() キーフレームの補間の種類を設定。
 keyInInterpolationType() キーフレームの「イン」側の補間方法を取得。
 keyOutInterpolationType() キーフレームの「アウト」側の補間方法を取得。
 setSpatialTangentsAtKey() キーフレームの空間補間法のイン/アウトの接線のベクトルを設定。
 keyInSpatialTangent() キーフレームの空間補間法のイン/アウトの接線のベクトルを取得。
 keyOutSpatialTangent() キーフレームの空間補間法のアウト側の接線を取得。
 setTemporalEaseAtKey() キーフレームの時間補間法のイージーイーズを設定。
 keyInTemporalEase() キーフレームの時間補間法のイン側のイージーイーズを取得。
 keyOutTemporalEase() キーフレームの時間補間法のアウト側のイージーイーズを取得。
 setTemporalContinuousAtKey() キーフレームの時間補間法の連続ベジェモードを設定。
 keyTemporalContinuous() キーフレームの時間補間法が連続ベジェモードになっているか。
 setTemporalAutoBezierAtKey() キーフレームの時間補間法の自動ベジェモードを設定。
 keyTemporalAutoBezier() キーフレームの時間補間法が自動ベジェモードになっているか。
 setSpatialContinuousAtKey() キーフレームの空間補間法の連続ベジェモードを設定。
 keySpatialContinuous() キーフレームの空間補間法が連続ベジェモードになっているか。
 setSpatialAutoBezierAtKey キーフレームの空間補間法の自動ベジェモードを設定。
 keySpatialAutoBezier() キーフレームの空間補間法が自動ベジェモードになっているか。
 setRovingAtKey() キーフレームの時間ロービングモードの設定。
 keyRoving() キーフレームが時間ロービングモードになっているか。
 setSelectedAtKey() キーフレームを選択/非選択の設定。
 keySelected() キーフレームが選択状態になっているか
 getSeparationFollower() 多次元のプロパティで、指定した次元のプロパティを取得する。



サブページ (33): すべて表示
Comments