Layer object‎ > ‎Attributes‎ > ‎

name


記述

app.project.item(index).layer(index).name


概要

レイヤーの名称。デフォルトでは、これはソースの名称(これはレイヤーパネル上で変更不可能)と同じものですが、ユーザーが独自に名称をつけることが可能です。


タイプ

String (文字列) - 読み込み/書き込み


ノート

ソースの名称はアイテムパネルでの名称ということになりますが、アイテムもやはりユーザーが任意に名称を付けられるので、レイヤーがファイルから読み込んだアイテムでも必ずしもファイルソースの名称とは限りません。

詳しくはAVLayer objectisNameFromSourceを参照してください。
Comments