RenderQueue object‎ > ‎Methods‎ > ‎

queueInAME()

CC2017(14.0)
記述
app.project.renderQueue.queueInAME(render_immediately_in_AME)


概要

AME(Adobe Media Encoder)のキューのコマンドを呼び出します。このメソッドは論理値を渡して、AMEにレンダーアイテムをキューをするだけ(false)か、AMEが受け取ったキューのレンダリングを実行するか(true)を伝えます。

AMEがキューアイテムを受け取った際に、最近使用したエンコーディングプリセットが適用されるということに注意してください。もし render_immediately_in_AMEがtrueの場合には、エンコーディング設定を変更する機会はありません。

新しい読み込み専用の論理値アトリビュートapp.project.renderQueue.canQueueInAMEは、After Effectsのレンダーキューアイテムの中にキューされたレンダーアイテムが存在しているかどうかを示します。キューされたアイテムだけがAMEのキューに追加可能です。

パラメータ
 render_immediately_in_AME 論理値。trueの場合、AMEはこのメソッドが呼び出された時、直ちにレンダリングを開始します。falseの場合は、キューの登録のみをしてレンダリングは実行されません。


サンプル

以下のサンプルコードでは、レンダーキューにキューされたアイテムがあるかをチェックし、もしあればそれらをAMEのキューに追加しますが、ただちにレンダリングは開始しません。

// Scripting support for Queue in AME.
// Requires Adobe Media Encoder 11.0.
{
    if (app.project.renderQueue.canQueueInAME == true)
    {
        // Send queued items to AME, but do not start rendering.
        app.project.renderQueue.queueInAME(false);
    }
    else {
        alert("There are no queued item in the Render Queue.");
    }
}


戻り値

なし




Comments