KeyframeEase object

記述
myKey = new KeyframeEase(speed, influence);


概要

KeyframeEase objectはレイヤーのAEプロパティのKeyframe ease(キーフレームのイーズイン/アウトなどの)設定をカプセル化します。Keyframe easeはユーザーがsetTemporalEaseAtKeyを使って設定した速度と影響力の値によって定義されます。コンストラクタはKeyframeEase objectを作成します。以下の2つのパラメータが必要です。

speed: floating-point(浮動小数点数値)。speed attributeを設定。
influence: [0.1〜100.0]の範囲のfloating-point(浮動小数点数値)。influence attributeを設定。


サンプル

var easeIn = new KeyframeEase(0.5, 50);
var easeOut = new KeyframeEase(0.75, 85);
var myPositionProperty = app.project.item(1).layer(1).property("Position") 
myPositionProperty.setTemporalEaseAtKey(2, [easeIn], [easeOut]);



var easeIn = new KeyframeEase(0.5, 50);
var easeOut = new KeyframeEase(0.75, 85);
var myScaleProperty = app.project.item(1).layer(1).property("Scale")
myScaleProperty.setTemporalEaseAtKey(2, [easeIn, easeIn, easeIn], [easeOut, easeOut, easeOut]);





Attributes

 speed キーフレームの速度の設定。
 influence キーフレームの影響力の設定





サブページ (1): Attributes
Comments