After Effects CC 2015.3 (13.8)

公式のブログで公開されている「After Effects CC 2015.3 In-Depth: GPU-Accelerated Effects」より、スクリプティングに関連する部分のみを抜粋して抄訳。


GPUエフェクトレンダリングをスクリプティング経由で有効にする

GPUエフェクトレンダリングはスクリプティングを使って有効・無効を切り替えることができます。

新しいapp.project.gpuAccelTypeアトリビュートはGpuAccelTypeの以下のenum値を返したり受け入れたりします:

 value  プロジェクト設定結果
 GpuAccelType.CUDA Mercury GPU Acceleration (CUDA)
 GpuAccelType.METAL Mercury GPU Acceleration (Metal)
 GpuAccelType.OPENCL Mercury GPU Acceleration (OpenCL)
 GpuAccelType.SOFTWARE Mercury Software Only

以下のサンプルコードでは、現在設定されているapp.project.gpuAccelTypeの値をアラートで表示し、その後app.project.gpuAccelTypeをMetalに変更します。

訳注: 13.8ではNVidia GPUとMercury GPU Acceleration (Metal)によってカーネルパニックを引き起こします。13.8.1ではこの組み合わせによるMercury GPU Acceleration (Metal)は無効化されています。

// access via scripting to Project Settings -> Video Rendering and Effects -> Use

var currentGPUSettings = app.project.gpuAccelType; // returns the current value
var type_str = "";

// check the current value and alert the user

switch(currentGPUSettings) {
    case GpuAccelType.CUDA:  type_str = "CUDA"; break;
    case GpuAccelType.METAL:    type_str = "Metal"; break;
    case GpuAccelType.OPENCL:       type_str = "OpenCL"; break;
    case GpuAccelType.SOFTWARE:     type_str = "Software"; break;
    default:    type_str = "UNKNOWN"; break;
    }

alert("Your current setting is " + type_str);

// set the value to Metal

app.project.gpuAccelType = GpuAccelType.METAL;



Comments