After Effects CC (16.0)


エクスプレッションの改良

エクスプレッションのための新しいJavaScriptエンジン

After EffectsはJavaScriptエンジンをアップデートし、最新のプログラミングテクニックを使用できるようになりました。エクスプレッションの式評価速度は、エクスプレッションによっては5倍になります。
新しいJavaScriptエンジンは旧来のExtendScriptエンジンと互換性がありますが、異なる点もあります。場合によってはm新しいJavaScriptエンジンのために、エクスプレッションを書きなおす必要がでてくるかもしれません。 
環境設定で新旧のエンジンを切り替えることができます。

エディタとUXの改良

エディタの改良点:タイムラインパネルのエクスプレッションフィールドには、次のような機能拡張があります。
  • 等幅フォント:エクスプレッションエディタフィールドは、Source Code Proを使用するようになりました。 
  • 自動サイズ変更:フィールドをクリックすると、エクスプレッションの最大領域を表示するために、エクスプレッションエディタフィールドが自動的に調整されるようになりました。

選択したレイヤーのすべてのエクスプレッションを有効または無効にする:
  • 新しいメニューコマンドのレイヤー->スイッチサブメニューを使用するか、レイヤーを右クリックして[スイッチ]サブメニューを開くことで、レイヤーのすべてのエクスプレッションを無効または有効にできるようになりました。

エクスプレッションエラーバナーの改善:エクスプレッションエラーバナー(エクスプレッションが正常に評価されなかった場合にコンポジションパネルに表示されるオレンジ色のバー)が更新されました:
  • バナー内のより暗いボタン
  • バナーを隠すエクスプレッションのエラーバナーボタンを非表示にします。 このボタンは、[環境設定]-> [一般]で、[プロジェクトにエクスプレッションエラーが含まれているときに警告バナーを表示]オプションを無効にします。 式エラーバナーを再度表示するには、環境設定で再度有効にします。

新しいエクスプレッションのmethodとattributes

Hex to RGB color conversion method
Composition marker protected region attribute
MarkerValue.protectedRegion

Hex to RGB color conversion method 

記述

hexToRgb(hexString) 


概要

色変換メソッドhexToRgb()は、#FF00FFなどの16進数のカラー値をRGBAカラー値に変換します。これは、JSONまたはCSV/TSVデータソースの、カラーパラメータを16進数文字列として表現するカラー値にリンクするのに役にたちます。
Hex三空間の色をRGBに、または四空間をRGBA空間に変換します。ヘックストリプレットの場合、alphaのデフォルトは1.0です。


引数

 hexString 数字または文字(A〜Fのみ)を含む16進数3桁(6桁、アルファチャンネルなしの場合)または16進数4桁(8桁、アルファチャンネルを含む場合)を表す文字列。オプションの先頭文字0x、0X、または#は無視されます。 8桁を超える文字は無視されます。
 

戻り値

RGBAカラー値のArray(配列)





UIからのスクリプトとScriptUIパネルのインストール

After EffectsスクリプトまたはScriptUIパネルのインストールは、[ファイル] ->[スクリプト]パネルから新しいコマンドを選択するか、修飾キーを押したままスクリプトファイルをプロジェクトパネルにドラッグして行うことができます。これらの方法を使用してインストールされたスクリプトは、現在のユーザー設定フォルダにコピーされ、After Effectsを再起動した後、ファイル/スクリプトメニューまたはウィンドウメニュー(ScriptUIパネル用)に表示されます。

今回のリリースでは、ドラッグ&ドロップ方式の変更が導入されました。 

.jsxファイルを修飾キーを押さないでプロジェクトパネルにドラッグすると、そのファイルをスクリプトとしてインストールするのではなく、データソースフッテージアイテムとしてインポートします。 

ドラッグ&ドロップで環境設定フォルダにスクリプトをインストールする機能は、After Effects 12.2で導入されました。 ただし、.jsxファイルのカスタムエクスプレッションライブラリのサポートが追加されたと同時に、After Effects 15.1で機能が無効になりました。

Comments