Home‎ > ‎例文と解説‎ > ‎

例文05

Item内にあるコンポジションのスタートフレームを1にする


var allItems = app.project.items;

//allItemsから総当たりでアイテムがCompItemか確認します。

for(i =1; i<= app.project.items.length; i++){
    currentItem = app.project.items[i];
    
    //itemがCompItemだった場合、スタートフレームを1に設定します。

    if(currentItem instanceof CompItem) {
        currentItem.displayStartTime = 1/currentItem.frameRate;

        // 0スタートの場合は
        //currentItem.displayStartTime = 0;
    } 
}

同じ手法でフレームレートなど、CompItemのAttributeを一括変更することができます。

Comments