$(Dollar) object

記述

$


概要

$オブジェクトのプロパティ(アトリビュート)を使用すると最新のランタイムエラーといったグローバル情報を取得することができ、またデバックや言語環境の挙動をコントロールするフラグを設定することができます。

メソッドでは、スクリプトやコントロール、その他のExtendScriptのプログラム的な挙動の実行中にテキストをJavaScriptコンソールに出力することができ、オブジェクトの使用に関する統計を収集します。



 appEncoding アプリケーションが使用するテキストエンコーディングの名称。
 build 現在使用しているExtendScriptのバージョン。
 buildDate 現在使用中のJavaScriptエンジンがビルドされた日付。
 decimalPoint フォーマットされた数値の表記に使用される小数点の文字。
 engineName 現在使用しているJavaScriptエンジンの名称。
 error JavaScriptのErrorオブジェクトに含まれる最近のランタイムエラー。
 fileName 現在のスクリプトのファイル名。
 flags 低レベルのデバッグ出力のフラグ。
 global Global object。
 hiresTimer 時間をマイクロ秒で計測する高精度タイマーです。
 includePath インスクルードファイルのパス。
 level 現在のデバッグレベル。
 line 現在実行されているスクリプトの行番号。
 locale 現在の言語環境。
 localize toStringメソッドのローカーライゼーション機能拡張。
 memCache ExtendScriptのメモリキャッシュのサイズ。
 os 現在使用しているOSのバージョン情報。
 screens 使用中のコンピューターに接続されたディスプレイのスクリーンサイズ。
 stack 現在のスタックトレース。
 strict 読み込み専用のプロパティへの厳密なアクセス制限。
 version JavaScriptエンジンのバージョン番号。



 about() ExtendScriptのAboutボックスを表示
 bp() 現在の位置でブレークポイントを実行する。
 colorPicker() 使用中のプラットフォームに応じたカラーピッカー。
 evalFile() ディスク上のJavaScriptファイルを読み込んで判定結果を得る。
 gc() JavaScriptエンジンのガベージコレクションを開始する。
 getenv() OSの環境変数の値を取得。
 setenv() OSの環境変数の値を設定。
 sleep() スレッドの呼び出しを、指定した時間(ミリ秒)休止します。
 write() JavaScriptのコンソールにテキストを表示。
 writeln() JavaScriptのコンソールにテキストを改行付きで表示。


サブページ (2): Attributes Methods
Comments